スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

物造りの街を行く 4日目

5月5日(土)

 

ホテルで美味しい朝食を食べて出発。

 

福井駅の周辺は路面電車が走っています。

自然も豊かで、街ものどかながらどこかキリッとした印象もあって個人的に好きでした。

 

フェニックス通りとかいう厨二病を拗らせた道を歩いていると、有名自動車店が立ち並ぶエリアに。

本当にずーっと自動車屋さんしかなかったので、福井県民は車好きなのかな。

 

 

横断歩道の押しボタンで、やたら出っ張ったやつを発見。

某タイムボカンに出てきそう。ボチっとな。

 

 

鯖江市に到着。

あまり馴染みの無い市名かもしれませんが、国内の90%以上の眼鏡をこの鯖江市で製造しているとのこと。

眼鏡使いは感謝しなければならないですね。

 

鯖江からはフェニックス通りを外れ、住宅地の中を歩いていきます。

木造の古風な建物が多いですが、どれも綺麗で立派に保ってあります。

この古風な町並みを散策するのも、福井県の魅力の一つでしょうか。

 

 

これは…まずいよね(笑)

 

 

鯖江駅の駅前でソースカツ丼を食べました。

大盛りを頼んだら丼2杯ぐらいの量が出てきた。福井県の料理は量多いよ。

結構ご飯にもソースが遠慮なくぶっかかっているので、ソースとご飯で食べられる人向け。

お好み焼きとご飯で食べられない人は難しいかも。私は好き。

 

それにしても、北陸のご当地グルメはやたらとカツの出番多くないですか。

北陸のトンカツ文化が何かしらあるのかな。

 

さて、町並みを眺めながら歩いていたら、いつの間にか越前武生駅に到着。

一応の目的地だったので、ゴールではありますが、せっかく来たので一休みしてから観光に。

リュックを駅のコインロッカーにぶち込んだので、悠々と歩き回れました。

 

 

越前で作られるタンスは、昔から高級品だったそうです。

このタンス町通りはそんな昔ながらのタンス屋さんが立ち並ぶエリアです。

お店の佇まいも立派だし、休憩所として開放しているお店もありますよ。

 

 

武生中央公園。タンス町通りを抜けたところにある大きな公園です。

この日はちびっこフェスティバルみたいなのをやっていて、駅前の100倍ぐらい人がいました。

アスレチックの他にもメリーゴーランドや観覧車、遊園地にありそうなアトラクションが一通り揃っていて、近隣の子どもたちの天国だなと思いました。すぐ近くにフードコートと図書館、市民ホールもあってめちゃくちゃ栄えてました。


こどもの日なので、鯉のぼりもありました。

この鯉のぼりの下では、子どもたちがなんかノリノリでダンス踊ってました。元気だなあ。

 

 

いわさきちひろの美術館は練馬の下石神井にありますが、生まれたのはこの越前市なんだとか。

その生まれ育った下宿を再現した記念館があります。

わりと子どもの頃から馴染みのある絵だったので、改めてこういう歴史のある人だったんだなーと知ることができました。

あと建物の再現率が何気に凄いので、そういう意味でも入ってみてもいいかもしれません。

 

一通り観光した後、特急しらさぎ号に乗って米原へ行き、新幹線で帰路に着きました。

米原も琵琶湖のすぐ近くだったのでちょっと散策したかったけど時間がなかった…

 

4日目、総歩行距離約33km。約7時間半。

 

今回歩数や距離を測ってくれるアプリをダウンロードしてみたのですが、その結果だと4日間で132kmも歩いたことになってます。

たぶん、家から駅までの移動や、到着した後の観光での歩数も含めているとは思うのですが、それでも計画より30kmも長くなるかな?

 

とにかく、かなり充実した旅になりました。

また、知らない場所を歩いてみたいものですね。

at 13:41, やましぃ, 歩き旅

comments(0), trackbacks(0), - -

物造りの街を行く 3日目

5月4日(金)

 

ものすごい土砂降りの音で目が覚めました。

今日は天気が不安定とは予報でも聞いていましたが、ピタッと雨が止んだかと思えば、またドザーッと降る。

大盛りの朝ごはんを頬張りながら、この情緒不安定な天気に対してどう決断しようか考えていました。

 

結論としては、「9時まで待つ」

9時以降はどんなに土砂降りでも出発。

というのも、今日の道のりがこの旅で一番長い予定。

道も山越えで、それなりに過酷な道中が予想される。

なので時間がかかることが予想され、あまり出発を遅らせたくなかったのです。

 

ということで、9時にオーナーさんたちに見送られながら出発。

なんと9時ぴったりに雨は止み、すぐに快晴になってきました。運がいいね。

 

もうこの日はひたすら国道8号を進んでいくので、道に迷う心配はほぼ皆無。

ただ、歩道のない山道を歩かされたりしていたので、トラックに接触しないかヒヤヒヤしてました。

まあ山の中なので特筆すべきようなものは倒壊したラブホテルぐらいしかなかったのですが、パンチが効いた出会いがお昼ご飯の時。

 

山の中で、お店自体も限られている中、丁度12時を過ぎた頃に見つけたお店なのですが

 

 

メニューの主張が強い。いや、壁にたくさんのメニュー書いている定食屋は珍しくないけど。

なぜこんなにも直線なのか。と思ったら普通に書いてあるやつもあって、その統一感のなさはなんなのか。

定食の中に「ポルガライス」というのがあったので、気になって注文。

 

 

なんかすごいのが出てきた。。

後から知ったんですが、ポルガライス自体は越前市の名物料理らしいんです。越前武生の駅前でも売ってた。

しかしなんだ…すごいボリュームだ… そもそも定食じゃないし。

誇張なく溢れんばかりのカレーにはすごい量の野菜が角切りで入っている。

オムライスの中身はチキンライスではなく、角切りチャーシューとニラが入った炒飯みたいだった。

このオムライスがマジで美味かった。というか、このオムライスが美味くなかったら遭難していた。

 

入口では眼鏡をかけた犬の銅像があって、意味わからん内容のラジオが延々と流れていた。

トイレの手洗い場は巨大な蚊取り線香で封鎖されていた。

なんだここは。最後まで掴みどころがなかった。御馳走様でした。

 

され、異常に満腹になった腹を抱えながら歩き続けました。

相当に気温が上がったことと、やはり距離が長いこともあって、坂井市入るあたりでかなりくたびれてました。

途中福井大橋とかいう巨大な橋があったのもHPを削られました。鉄橋苦手なんですよね。

 

ともあれ、福井市に入るとお店もかなり多くなり、えちぜん鉄道とかいう可愛い電車も走ってて和みました。

 

 

福井県庁は元々福井城があった福井城址に建っていて、お堀と石垣が超クールでした。

夜はライトアップもされていて、個人的お気に入りスポットです。福井にいらしたときはどうぞ。

 

 

福井駅の前にはでっかい恐竜がいて、子どもたちがそれをみて大興奮していました。

この恐竜、動くし唸る。恐竜が有名なのは知っていましたが、まさか現代に蘇らせて、しかも駅前で放し飼いにするとは。

福井県のスケールがデカくて驚きます。

 

この日泊まったのは「城町アネックス」というホテル。家族経営でやっている、歴史あるホテルなんだとか。

福井城址の真横にあるので、眺めもいいですよ。朝ごはん超美味しいし。

 

3日目、総歩行距離約40km。約9時間。

 

4日目に続く…

at 12:09, やましぃ, 歩き旅

comments(0), trackbacks(0), - -

物造りの街を行く 2日目

5月3日(木)

 

この日は朝から雨。

距離的に余裕がある日だったので、洗濯等をして11時過ぎに出発。

雨はやや弱まりましたが、小雨が続いてる状況でした。

 

お昼ご飯は道中にあったお好み焼き屋さんへ。

一人で入ることに抵抗がないなら、お座敷のあるお店はいいですよ。

体制も自由にできるし、靴が脱げる。靴履きっぱなしだと豆ができやすいんです。

 

 

そのお店でお手洗いに行ったら、ど真ん中に木が生えていたのでビビった。

異世界に召喚されたのかと思った。普通に邪魔だろこれ。

 

 

お腹も満たして歩いていくと、かなり視界も開けてきて、まず歩行者はいなさそうな道になってきました。

こういう道はテンション上がってきますね。雨も止んだので気力回復して進んでいきます。

 

 

ぼーっと歩いていたところ、突然広大な敷地と立派な建物が見えたのでびっくらこきました。

こんなに立派な建物なのに、車が一台も止まっていない…と思ったら3年ほど前に閉館していたそうです。

加賀おかし館

ガラス館やらなんやらたくさんの施設が併設していたようですが、今となってはこの大きな建物が全て無人…

なんだかとても勿体無いですね。

歩き旅の醍醐味として、こういった「今はもうないスポットの跡地」や「誰にも知られていないようなスポット」を発見できるというところがあります。普通に観光してたら、なくなったスポットには行かないでしょ?

 

そんなものを見ながら進んでいたら、16時頃に目的地の山代温泉に到着。

山代温泉に向かうまでの道が途轍もなく綺麗だったんですが、私の写真技術では全然収めることができなかったので、是非行ってみてください。

山代温泉では「バーデン・バーデン」というペンションに泊まらせてもらいました。

何故か山代温泉のHPでは飲食の方にしか書かれておらず、ほんとに泊まれんのかという感じでしたが、オーナーさんたちもいい人で、お部屋も綺麗でした。温泉旅館とかクソ高くて無理だけど温泉入りたいという人にはオススメです。

まずペンションの近くにあるホテルの温泉に行ってきました。オーナーさんのオススメだったので。

大浴場も広くて、温泉の湯加減も丁度良く、マッサージ機まで置いてあったので求めるものがとりあえず全部あるって感じでした。

ただ、せっかく山代温泉に来たからと思い、晩ご飯を食べたあと、山代温泉独自の「総湯」に行ってきました。

 

 

山代温泉には昔から大衆浴場の総湯というのがあって、その中でも「古総湯」という銭湯は当時の造りや入浴方法も再現してるということで。

具体的に言うと脱衣所とお風呂がある場所が一緒になってるんですね。これびっくりしましたが、よく考えたら別に分かれてる必要性もそんなにないですよね。貴重品は入口のロッカーに仕舞うし。

内装はレトロモダンといいますか、木造のシックな造りに、ステンドグラスが組み合わせれているんですよね。

他では見ないようなデザインだったので、それを見に行くだけでも価値があるかと思います。お湯は熱いです。


 

山代温泉、街の雰囲気もとても良く、楽しいところでしたが、やはり有名温泉地に比べると人がまばらかな…

なのでもし金沢に行くことがあったら足を運んでみてください。

 

2日目、総歩行距離約22km。約5時間。

 

3日目に続く…

at 11:19, やましぃ, 歩き旅

comments(0), trackbacks(0), - -

物造りの街を行く 1日目

5月2日〜5月5日の4日間、GWの真っ只中に歩き旅に行ってきました。

今回は未だ行ったことのなかった北陸地方に狙いを定め、金沢→越前武生の約100kmを歩くことにしました。

 

 

道としてはこんな感じ。B~Dは宿です。

ほぼ平地ですが、3日目がやや山越えになります。

 

5月2日(水)

世間は平日ですが、休みをとってこの日に出発。

始めて乗る北陸新幹線に乗って、金沢に到着。

北陸新幹線って窓際以外の席にもコンセントの電源が用意されているんですね。

東海道新幹線でも導入されればいいのに。

 

金沢駅についたら早速歩き始めました。

仙台の時とは違い、今回は金沢で観光とかはしません。

兼六園も21世紀美術館もスルーです。そんなものはない。

 

 

こういう水路が金沢・福井通して街中に多い印象がありました。

側溝とかに流れる小さいものだけでなく、未就学児なら簡単に溺れそうなレベルの大きさの水路もありました。

小さなお子さんを連れている方は目を離さないでほしいですね。

 

 

道中、謎の乗り物と廃墟になった洋館がありました。

森の奥深くとかではなく、幹線道路沿いにありました。シュール。

 

歩き旅はなるべく歩行ペースを一定にすることが、長く歩くコツになります。

速かったり遅かったりペースが変わってしまうと、自分の疲れ具合や目的地までの時間を計りづらくなるのです。

自分は大体「踏切の音」ぐらいのリズムで歩いてます。カンカンカンカンってやつ。

 

 

折角だからと思い、お昼ご飯は金沢カレーを食べました。

大きいカツと、銀色のお皿が特徴的です。あと、ついてくる食器がスプーンでなくフォークでした。

しかし周りを見てみるとスプーンで食べている人もいたので、メニューで変わるのか、ランダムなのか…

そこが一番気になりました。カレーは普通に美味しかったです。

 

ところで、皆さんご存知の様にこの日は天気が悪かったですよね。

お昼食べてすぐぐらいに、金沢でも雨が降りだしました。

しかし!今回のために装備を万全に揃えていたので問題なし。

ゴアテックスのレインウェア。リュックカバー。スマホも防水ケースに。

…まあ靴は濡れるんですけどね。今までの経験上、靴は濡れてもどうにかなるんで。

 

 

防水ケースの中から撮ったのでとても見えにくいですが、「くるくる寿司」というお寿司屋さんの看板です。

すぐ向かいにはま寿司が建っており、完全にお客さんをそっちに奪われていました。

チェーン店にしても聞いたことない名前だったので、調べてみると2000年代初頭のまま止まっているみたいなHPが出てきて心苦しい気持ちになりました。

くるくる寿司

 

そんなことしている内に、目的地の小松市に到着。

小松駅のすぐ近くのホテルに宿泊しました。

普通のビジネスホテルのくせに、レストランだけコース料理が出てきてサービス料とか取るような高級感溢れる仕様で焦りました。

電話で適当に予約するんじゃなかった。

 

1日目、総歩行距離約35km。約7時間半。

 

2日目に続く…

 

at 10:36, やましぃ, 歩き旅

comments(0), trackbacks(0), - -

シェフの電車ごっこ

お久しぶりです。

 

先日3月16日に「星のカービィ スターアライズ」が

発売されました。

約7年ぶりの据え置き本編カービィとして、とても期待値の高い作品だったと思います。

 

当然発売日は有給を取り、予約しているのにも関わらず30分前から店の前に待機して入手しました。

そのゲームをついさっき100%クリアしたので、感想を書いていこうと思っています。

 

ネタバレを前提で書くので、記事の続きに残りを書きます。

 

JUGEMテーマ:ニンテンドースイッチ(Switch)ゲーム全般

続きを読む >>

at 21:38, やましぃ, ゲーム

comments(0), trackbacks(0), - -

スーパースターの世界旅行

お久しぶりです。

ここ最近、噂のNintendo Switchを買ったらソフトが欲しいもの尽くめでして。
スプラトゥーン2やDeemo などを買って楽しんでいるんですが。

先日発売した「スーパーマリオ オデッセイ 」がとてもよかったので自分のまとめも兼ねて、なるべくネタバレを含まない形で感想を書こうと思います。記事の続きにはネタバレを含む感想を書いています。

※クリア済み、パワームーン300個取得済み時点での個人の感想です


まず、システム面からなのですが、今作はマリオ64の様な箱庭系3Dアクションで、その中でもかなり1ステージが広いです。
かつ、各ステージが「国」という程を取っているので、ほぼ全ての国に街があり、住民の文化があります。
これがとにかく良くて、従来のマリオをやりながら、まさしく世界旅行をしているような気分になります。
ご丁寧に各国の観光ガイドマップまであるので、その国の困り事や異変を解決するだけではなく、観光するように隅々まで見て回り、その中での発見もあります。

 強いて言うなら、今まであったベースになる場所(ピーチ城やドルピックタウン)がないので、落ち着けるホームタウンが欲しいなという人は物足りなく感じるかもしれません。


今作の新要素として帽子を投げるアクションがあるのですが、空中で帽子を投げる時にちょっと浮くので、アクションの補助としてかなり役に立ちます。サンシャインでのポンプもそうでしたが、アクションを補助するものがあると快適にゲームが進んで個人的には嬉しいです。
また、帽子を一部の敵キャラに被せることで乗り移って操ることができるのですが、この事でかなり多彩なアクションが盛り込まれています。ギャラクシーでの変身に近いですが、本来なら邪魔な敵キャラを逆に攻略に使うという発想の転換ができるので面白いです。

それからストーリー。
ストーリーはまあ、いつもの通りでクッパがピーチを誘拐するんですが。
今回はその上でピーチと結婚式を無理矢理挙げようとしているので、いつもりよ具体的な目的がありますね。
しかも今回は初っ端からマリオと戦っていて、しかもマリオが負けてしまうのでいつもより本気なのかもしれないです。
んで、帽子の妖精?キャッピーと一緒に冒険することになるわけです。
今回はクッパを追いかけて、それぞれの国を訪れるという設定になっているのですが、クッパが国を訪れる理由が結婚式の準備の為に色々強奪するという事なので、理由も分かりやすいです。

それからBGM。
今作はほぼ新作BGMの上に、どれもクオリティ高いです。
しかも、クリア後には好きな場所で好きな曲をかけられるようになる特典付き。

今回はファンサービスも充実していて、過去作へのリスペクトを随所に感じます。壁の中に入り込んで2Dマリオをするというギミックもあるのですが、あるステージでは更に懐かしい演出も…

ボリュームも非常に多く、集められるパワームーン(パワースターみたいなもの)は最終的に800以上。
探索してたらひょいと見つかるものから高難易度のダンジョンをこなさなければいけないものまで。
やりこみたい人にも満足できるボリュームかと。 もし Switchを持っていたらオススメです。

続きを読む >>

at 20:35, やましぃ, ゲーム

comments(0), trackbacks(0), - -

夢のテーマパーク

あ、どうもお久しぶりです。

 

現在は大学を卒業してスクールソーシャルワーカーという仕事をやっています。

 

それはそうと、先日巷で噂のカービィカフェに行ってきたので、そのことを書こうかと思います。

 

大阪の方で先に始まったのですが、10時開店なのに7時前には整理券がなくなると意味のわからないことになっていたので、相当前から並ばないといけないことは覚悟していました。

自分が行くのは東京上陸2日目の土曜日だったので、相当な混雑が予想されると考え、前の日から近隣のマンガ喫茶にナイトパックで泊まり込み、朝4時にスカイツリーの麓にあるソラマチに向かいました。

当然一番乗りだろうと考えていたのですが、すでに50人は軽く越える人数が列を成しており、はっきり言って自分の目を疑いました。

期間限定とは言え、そこまでカービィカフェに入ることに気合を入れる人がこんなにも多くいるとは…

驚くと同時に、生粋のカービィ好きがそれだけいるという事実はとても嬉しいですね。

 

で、自分たちも列に加わり夜が明ける前から何かを待つという、初日の出を見るときでもない限りなかなかしない体験をしてきました。

整理券の配布が7時を過ぎたころだったと思うので、ざっと3時間以上はそこで並んでいたということでしょうか。

 

で、無事に初回の入場整理券を受け取ることができ、またそこから3時間の時間を潰す。

お昼頃の時間を取った方なら入場時間までソラマチやスカイツリーを観光して暇つぶしもできたんでしょうが、なにせ7時という時間なのでソラマチもスカイツリーも周辺のお店もどこも開いていない。

ただただ座って3時間を待ちました。まあ友人と一緒だったので話しながら待てたのは救いですね。

 

それでいざ入場。メニューは入店前に注文する形式なので、入店してからは料理を待つだけでいいです。

 

いざ入ってみると、歴代カービィのアレンジBGMが流れ、そこらじゅうにカービィのぬいぐるみやねんどろいど、かわいい公式イラストがあり、とても素敵な空間でした。

カフェの元々の雰囲気がとてもシックでお洒落なため、カフェとしても落ち着く空間になっており、子どもだましではないクオリティーの高さを感じました。

 

メニューもそれぞれとても可愛く、かつ美味しく頂けました。

こういうコラボ系のカフェって値段の割に味が…というイメージがあったのですが、しっかりとした人が作ってらっしゃるみたいでその辺の心配は無用です。値段が安いわけではないですが。

左が夢の泉スパークリング、左がワドルディのハヤシライス。

本当はポップスターカレーが食べたかったのですが、あれはどうやら大阪限定のようで。

東京と大阪でメニューが違うので、カービィカフェガチ勢は両方行くんでしょうね…

 

店内のカービィねんどろいど。

各テーブルにあるわけではないのですが、あれば一緒に写真を取れます。

自分たちのテーブルにはいなかったのですが、隣の席が空き席だったのでそこから誘拐してきました。

店の入口にはカービィとワドルディが仲良くお出迎えしてくれるので、一緒に写真を撮っている方々も多かったです。

私たちも撮りました。彼らはけっこう重いです。

 

カフェでは店内BGMをまとめたCDも売っているので、これは是非買ったほうがいいですよ!

BGMに思い入れがあってもなくても、とても癒されるクオリティの高いものになってます。

 

他にも所々にカービィたちのかわいさがさりげなく表現してあってとても良かったです。

今度行くときはまだ食べてないメニューを中心に注文したいですが、売り切れてしまうこともあるみたいなのでそこは注意しないと。

カフェの公式ショップの方は時間がなく行けなかったので、そちらに行くためにもぜひもう一回行きたいですね!

カービィカフェ、大阪は9月いっぱいまで、東京はまだ終了時期は明示されてませんが大阪の事を考えると10月下旬ぐらいまで?だと思います。公式twitterや公式サイトの情報をこまめにチェックしましょう。

 

公式twitter @KirbyCafeJP

公式サイト kirbycafe.jp/

at 10:02, やましぃ, 日記

comments(0), trackbacks(0), - -

青森ノープラン一人旅 吹雪と廃バスの旅情

大学生活がいよいよ秒読みに入ってきたので、残り少ないモラトリアム期間を有効活用するためにまた一人旅に行ってきました。
行き先は何となく旅情掻き立てそう!みたいなふわっとした理由で東北青森に。
1週間前に新幹線と初日の宿だけ決めてノープラン旅行しました。

新幹線で新青森駅に着くとすごい吹雪でして。そりゃ東京よりは雪すごいと思ってましたがここまでとは。
その日は最高気温も-3℃とかいうどう足掻いても氷点下な日だったので、外を歩けば歩く氷像間違いなしでした。

でもとりあえず、青森の日本海沿いを走っているローカル線「五能線」に乗りたかったのでとりあえずそっちに向かう。
青森の景色でも見ようかなーとか思って窓の外を覗けども、吹雪が凄くてほとんど何も見えず。とにかく雪すごいなーとかいう印象でした。

思ったより新青森から五能線に行くのが大変で、1日目はほぼそれで終了。
1日目の宿は五能線の線路のすぐ脇にある温泉旅館。貧乏旅してればまず選択肢には入らない値段の宿ですが、宿の選択肢がそもそも少なかったのと、日本海沿いの温泉に入りたい!という強い意志、そしてそもそも移動が困難であろう吹雪の影響でこの宿をチョイス。
豪華な夕食朝食まで出してもらってゆっくり過ごしましたわ〜
もちろん温泉も2回入って、なんか二酸化炭素?がめっちゃ入ってる天然温泉みたいでよかったですよ。二酸化炭素って何に効くかよくわからなかったけど、湯加減はすごいいい感じでした。
ただ日本海に面した露天風呂は寒すぎて5秒で逃げ帰ってきました。吹雪だし…寒い…頭凍る…

2日目は1日に4本しかない五能線に引き続き乗って、ぐるっと一周を目指します。
途中秘境駅で有名な轟木駅もあったんですが、駅の目の前に思いっきし民家ありましたよ。一軒だけだけど。轟木駅が最早その家専用の駅ぐらいの勢いでした。



昨日に比べて吹雪も収まってきたので、日本海を見ながらゆったりとローカル線の旅を満喫。
ああ…旅情…

五能線は3時間ほどで昨日の出発地に着いたので、五能線が一周する起点になってた街の弘前で時間を適当に潰すことにする。
しかしまあ、弘前に来てからまた吹雪が凄くなってきてね。私風邪引いてたもんだからマスクしてたんだけどおかげでメガネが曇って吹雪と合わせて視界がゼロに等しい真っ白さになったよ。
弘前公園行っても雪降りすぎて誰もいなかったし、迷子になりそうだったから、適当に見つけたお洒落なカフェで時間潰してました。

その後五所川原に移動し、ホテルに荷物を預けて夕食へ。



廃バスを改造してラーメン屋をやっている「ラーメンくどう」に行ってきました。ここ行くためにわざわざ弘前じゃなくて五所川原に宿を取ったからね。

中も運転席が残ってるなどしっかりバスの頃の名残がありつつ、その中で店主のおじいちゃんが出してくれたラーメンを啜る。ああ〜旅情〜
店主さんによるとバスは中古のを買って自分で改造しているらしく、このバスはもう3代目だという。長いんだなあ。すごいなあ。
おでんとかもあったからまた食べに来たいな。

3日目。
五所川原来た目的は廃バスラーメン1つだったんだけど、駅降りた時に津軽鉄道線の切符売り場が見えてね。なんと旅情そそる佇まいでしょう!と思ったので急遽乗車することに。
しかも調べると車内にストーブが付いているストーブ列車なるものが運行してるらしい。そら乗るよ。



ストーブ列車はほんとに客席のど真ん中にストーブがドンと置いてあって、車掌さんが時々石炭を焚べに来てくれる。津軽弁のガイドのお姉さんがスルメ焼いてくれるなどのなかなか私のツボな列車だった。スルメ齧りながら津軽の雪景色をボーッと眺めると来てよかったなあと思いました。

その後新青森に戻って新幹線の切符を取り、帰路に着きました。ほんとは青森で今話題?の味噌カレー牛乳ラーメンが食べたかったけど、猛吹雪と新幹線の時間の関係で断念したので今度来る時があればそれはマストでリベンジしたいと思います。

よい旅でした!

at 18:07, やましぃ, 日記

comments(0), trackbacks(0), - -

報告

就職決まりました!
来年度からスクールソーシャルワーカーとして働くことになりました。
スクールソーシャルワーカーとは、教育委員会や学校に配属される社会福祉の専門職で、
学校の中で福祉的な問題を抱えている子どもに対して支援をしたり、支援のためのネットワーク構築をしていくお仕事です!
新卒での採用は珍しいので、不安も多いですが頑張ります!

at 17:39, やましぃ, 日記

comments(0), trackbacks(0), - -

2015の年納め

今年も終わりですね。
このブログの存在がアレになってきてますが、長文書くときはこっちに書く事にしてますよ。
普段の子とはtwitterでいいし、顔本も登録したんですが実名なんでね…投稿のハードルが高いです

さて、今年は何があったかというと、なんでしょうね。
普通の大学4年生なら就活してるんでしょうが、私はちょっと就活が特殊なので、そういうこともなく。
就活のことについてはあとで書きますが。

そういえば、このブログでも書きましたが夏に一人旅に行ってきました。
名古屋⇒三重⇒和歌山と青春18切符で無計画一人旅でしたが、なかなか面白かったです。
やっぱり学生じゃなくなってしまうと時間を作るのが難しくなっちゃいますからねぇ。
学生最後の年に自由な旅ができてよかったです。

今年は出会いの多い年でもありました。
まあ実習やらもあったんですけど、ほんとに人との繋がりができた1年でもあったと思います。
中には普通だったら繋がんなかっただろうなーみたいな不思議な出会いもあって、これからも大事にしていきたいところです。

そう、実習もありました。実習は今年一番大きい事だったかもしれないです。
自分が目指しているスクールソーシャルワーカーの現場に入って、色んなことを学ばせてもらいました。
厳しいことも言われましたが、より自分でこの仕事をしてみたいという気持ちが増した経験でもありました。

で、今就活してるんですが、スクールソーシャルワーカーを目指して各自治体の応募を受けまくっている最中です。
スクールソーシャルワーカーの応募は11月〜2月ぐらいなので今募集のピークぐらいですかね。
面接などが始まるのはこれからです。
そもそも新卒を拾うような職種じゃないので、書類選考の時点でかなり厳しいですが
やっぱりこの仕事が今はしたい、と思ってるのでギリギリまで粘ろうと思ってます。
来年スクールソーシャルワーカーにめでたくなれてるといいですね。ほんとに。

今年は実習、卒論、就活、国家試験とやることが山積みで、3年生のころからどうなってしまうんだと心配してましたが
案外乗り切ることができました。まあ卒論以外はまだ終わってないですが。
そんな国家試験も今のところ心配するような点数を取っているわけでもなく…
卒論も完璧ではないですが書きたいことは書けたと思ってます。

さて来年、私の進路が決まり新しい生活が始まるいろんな意味で変化の1年なわけですが
少しでもよい1年にしたいものです。年男ですし。
それではみなさんよいお年を。

at 21:17, やましぃ, 日記

comments(0), trackbacks(0), - -